Skip to content

Glass Coating for leather 

鞄・バッグ・財布のガラスコーティング

鞄・バッグ・財布のガラスコーティング

車やスマホだけじゃない!革製品もガラスコーティング!

革の柔らかさそのままに。

保湿

ゆったりとエイジング。皮革の風合いが生きる。

防水

水をはじく。濡れないから傷まない。カビが生えない。

防汚

汚れがつかない。汚れてもすぐ拭き取れる。

ガラスコーティングは車やスマホだけではありません。革専用のガラスコーティングは皮革を驚くほど長持ちさせる、強力な防水・防汚機能があります。皮革の風合い・やわらかさを変えません。優れた保湿性能。フッ素・テフロンを一切使っていない環境安全製品です。主成分は、自動車の塗装面保護に使われている、無機溶剤シリコンのガラスコーティング剤「イノクリアー」と、医療用クリームです。これらかが相まって柔軟性をもった皮膜が形成され、その皮膜が長時間持続します。

glass-osusume
ガラスコーティングの説明

皮革用ガラスコーティングの試験結果

性能 どんな事? 試験結果は?
耐水性 遮水性・水密性・防水性などを示す性質です。 150cm水中で試験した結果180分以上水が浸みてこない。
透湿性 蒸れにくさ(ベトつきが少ない事)を示す性質です。 2mg/cm2/h 皮革にガラスを塗布しても透湿性が維持されます。革の良さはそのまま維持します。
撥水性 水のはじきやすさを示し、皮革が水をはじいて表面の濡れや内部への浸透に抵抗する性質をいいます。 4級 表面に湿潤しないが小さな水滴の付着を示す。
防汚性 汚れをつきにくくする性質です。 検体は粉体汚染物質=4.5級 通常の汚れならほとんど痕が残らないほど汚れが付着しません。|検体は親油性汚染物質=3.0級 しつこい油性汚れが皮革に染み込みにくくなりました。フッ素のような安全に疑義のある物質を使わずに高い防汚性能を発揮します。
耐屈曲性 ガラスコーティング処理後に、皮革本来の柔らかさが維持されているかどうかを示します。 施工表面の割れ・剥がれが認められない。柔らかい皮革と硬いガラス。正反対の材質です。ガラスを塗ったはずなのに軟らかい皮革のまま。
大腸菌 食中毒の原因として知られている大腸菌 従来品塗膜 残留生菌数=8x10の6乗 銀ナノ粒子500ppm配合塗膜 残留生菌数=<10 |抗菌活性値=7.2
黄色ブドウ球菌 傷口に多く存在する菌で、食中毒の重篤な原因となります。 従来塗膜 残留生菌数=6.8x10の4乗 銀ナノ粒子500ppm配合塗膜 残留生菌数=<10 |抗菌活性値=4.4
緑膿菌 敗血症や呼吸器感染の原因となる菌で、免疫力が落ちた時に強い病原性が現れます。 従来品塗膜 残留生菌数=<1.2x10の7乗 銀ナノ粒子500ppm配合塗膜 残留生菌数=<10 |抗菌活性値=6.6
肺炎桿菌 食肉に付着していたとニュースで話題になった菌です。 従来品塗膜 残留生菌数=4.5x10の6乗 銀ナノ粒子500ppm配合塗膜 残留生菌数=<10 |抗菌活性値=5.3
鞄のガラスコーティング
財布のガラスコーティング

ガラスコーティングのみを希望の方

必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
必須お電話番号
必須ご依頼内容 財布のガラスコーティングバッグのガラスコーティング
ブランド名がわかれば記入してください。
修復品の画像
修復品の画像
修復品の画像

ガラスコーティングは財布・バッグの使用方法等で持続期間が違います。永久的なものではありませんのでご了承ください。

Scroll To Top