靴とバッグのクリーニング・修理

フェリージのクリーニング事例

フェリージ

作業前

フェリージクリックで拡大
ナイロン部分にシミがあります。
フェリージクリックで拡大

作業後

フェリージクリックで拡大
ナイロン生地の汚れを染み抜きして革部分を彩色しました。汚れの部分はこすったりせず優しくシミをたたき出す感じで処理をしました。

メンテナンス費用

クレンジングと部分補色で7,350円〜です。

状態によっては金額が上下することがございます。予めご了承ください。

cv837B835E8393.jpg

靴とバッグのクリーニング・修理

注意事項

  • 靴、バッグなどをクリーニングすることで購入時(新品)の様にはなりません。
  • 革に切り傷や破損がある場合その傷や破損は直りません。
  • 革は伸縮性がありますので水洗いにより多少履き心地が変わります。
  • 紐は紛失の恐れがございますのでご自身で取り外して郵送しないで下さい。
  • 箱や袋のお預りは致しておりません。必要なければお申し出頂ければ処分します。
  • 靴クリームでの補色は日数経過と共にとれていきます。
  • 部位によって異なる革が使用されている場合、色の濃淡が出る場合もございます。
  • 革に油染み等のシミのあるものはとれない場合もございます。
  • ステッチがされているもので革の色と違う糸で縫ってある場合、磨きによって糸にクリームの色が付く場合がございます。
  • 消臭加工を施しますが臭いの種類によっては一度のクリーニングでは残る場合がございます。
  • エナメル素材の場合等コーティング加工が施されている革は汚れ落ちが悪い場合がございます。
  • スウェード、ヌバッグ等の起毛革の場合、汚れを落とす為には全体的に色が薄くなる場合がございます。
  • カビが発生している靴の場合、カビは取れてもカビ痕が残る場合がございます。
  • 起毛革でカビが発生している場合、カビによって毛が抜けている場合がございます。その場合抜けた部分が斑点の様に残る場合がございます。
  • カビが発生して黒い斑点が出ている場合斑点を取り除く事はできません。
  • 合成皮革の場合の表面のべたつきは除去できません。
  • 底材、中敷等はじめに付いてるものと同じ物での修理はできません。
  • ヒール本体が減っている場合のリフト交換(ゴム交換)では靴全体の高さは低くなります。
  • ヒール交換の場合、同じデザイン、色のヒールにならない場合がございます。
  • 巻き皮交換の場合、革の色、風合いが多少違う場合がございます。
  • 修理の内容によっては時間のかかる修理がございます。
  • 塗装の場合、風合いが変わる場合がございます。
  • 革の色と違う色のステッチ部分も塗る事になります。ステッチを残す場合、ステッチ付近は塗装することができません。
  • 塗装の場合、靴底との接着部分、革が巻きこんである場合、またベルト等付属品がついている場合、部分的に塗れない場合がございます。
  • 塗装をしても擦ったり傷が付いた場合剥がれます。
  • 塗装の場合、シミを隠すため全体的に恋意色で塗る場合がございます。薄い色の場合はシミがカバーできない場合がございます。
  • 部分的に塗装する場合、全く同じ色にならないものもございます。
  • 金具やゴム等の交換の場合同じ色にならないものもございます。
  • お渡しする際、袋にいれてますが、保管の際は袋からだして保管して下さい。
  • クリーニングしていても長期間靴箱等にしまった状態にある場合にはカビが発生する可能性がございます。
  • お渡し日より一ヶ月を過ぎたお預りの靴、バッグにつきましては、色あせ、埃、日焼け等様々な不具合の発生の可能性が高まっています。従って一ヶ月以上お預りしている靴、バッグはいかなるクレームもご容赦ください。
  • お渡し日より一年を過ぎ、当社から連絡してもお客様へ連絡が付かない場合は、処分させて頂きますのでご了承ください。

ブランド別作業例

QRコード